ビジネスマン

債務整理にはデメリットがあるのか?

杉山事務所では債務整理に関する様々な相談に対応しています。
腕利きの司法書士がマンツーマンで対応してくれるので、他の事務所と比べても信頼感が段違いです。
自分ひとりの力ではどうしようもない借金問題も、杉山事務所ならスッキリと解決してくれるでしょう。

しかし、この債務整理にはデメリットがないのか? という点が気になりますよね。
無条件で借金がチャラになるほど世の中は甘くないですが、具体的にどのようなデメリットがあるのか、その点もご案内していきたいと思います。

カードの契約が制限される

債務整理をすると今抱えている借金の問題が解決します。
返済が減額あるいは免除され、催促の連絡に怯える毎日からサヨナラすることができます。

一方で債務整理をすると新たなキャッシングができなくなったり、またクレジットカード等の契約が制限されたりする可能性があります。
キャッシングだけでなくカードでの買い物もできなくなるので、その点で不安を覚える方もいるでしょう。
しかし、借金の原因の大半は過度なキャッシングやショッピングによるもの。
改めて健全なお金の使い方を身につけるためには、この制限を受け入れていく必要があります。

携帯電話の分割支払契約に影響することも

債務整理をすると、信用情報機関にブラックリストとして登録されることになります。
この信用情報機関は携帯電話のキャリアも提携している場合があるので、審査のときに債務整理をしていることが知られれば、「個別信用購入あっせん契約」に引っかかる可能性があります。

携帯電話の端末代の割賦契約も一種のローンですから、大丈夫と言い切れないのが現実です。
また、新規契約や乗り換えでも審査が通らなくなったというケースも存在するようです。

ただ、この話は「可能性がある」というレベルのものなので、債務整理しても問題なく審査が通ったという実例も報告されています。

もし不安であれば、杉山事務所に相談する際に携帯電話のこともしっかり話しておくようにしましょう。
通信機器は大事なライフラインですからね。